チャレンジする心のある人にとって、人生は、美しい。

ベルリン・フィルのホルン奏者、サラ・ウィリスは、マスタークラスを行ったキューバで、ハヴァナの街にモーツアルトの胸像を見て驚いた。苦しい暮らし。演奏を始めると何も悩みはないように音楽に没入するミュージシャンたち。でも彼らの楽器は、ボロボロだった。そこからこのアルバム『モーツアルトとマンボ』が生まれるまで。

これは、ほんとに楽しいアルバム。詳しいことは、上のヴィデオで語られていますが、
ベルリン・フィルのコルニスト(ホルン奏者)サラ・ウィリス。
マスター・クラスをやりにキューバへいって、逆にキューバの音楽に魅了され、遂にこのアルバムに至る。
題して、『モーツァルトとマンボ』(笑)