バズらない話

(Ainsi, la photographie du jardin d’hiver, si pâle soit-elle, est pour moi le trésor des rayons qui émanaient de ma mère enfant, de ses cheveux, de sa peau, de sa robe, de son regard, ce jour-là.)

(そんなふうに、そのサンルームの写真は、どれほど色褪せていようとも、私にとっては光の宝だ。それは子どもだった母から、その髪、その肌、そのドレス、そのまなざしから、その日放たれた光なのだ。)

。。バズらない、翻訳のお話です;)

Oeuvres complètes, tome 5 : Livres, textes, entretiens, 1977–1980 Roland Barthes

そうでなくてもバズらない、とは思いますが(笑)こういう定番的な本の話は、隠されていた秘密!というようなパラテクスト(その場合、要は裏話;)とか、