尾身会長と山本五十六

結局専門家もみんな「もし五輪をするなら」という話ばかり。誰も「絶対やってはいけない!」と怒らない。まるで「もし戦争をするなら半年やそこらは暴れてみせましょう」といったという、第二次世界大戦の時の海軍の司令官とそっくり(笑)それでは五輪も、戦争も止まらない。

via Google image left | right

Wikipediaを見ると、太平洋戦争開戦の際、日本の海軍の山本五十六は、

「それは是非やれと言われれば初め半年や1年の間は随分暴れてご覧に入れる。然しながら、2年3年となれば全く確信は持てぬ。三国条約が出来たのは致方ないが、かくなりし上は日米戦争を回避する様極極力御努力願ひたい」

と答えた、という。ふとこれを思い出したのが、今回の五輪に関し、専門家とされる人たち、医療関係者のTVなどでのコメントが、